Netflix「ホーンテッド:衝撃の超常現象/Haunted」Season1 #all


作品情報

原題:Haunted
公開:2018年
製作国:アメリカ・チェコ
配信:Netflix(オリジナル)
時間:20分~31分/1話
字幕:英語・日本語
音声:英語・日本語
エピソード数:6

Check
Haunted (2018) on IMDb

子供の頃、夏休みに見ていた「あなたの知らない世界」のアメリカ版といった感じでしょうか。再現映像を交えながら、6つの恐怖体験が語られています。「本当の人、本当の物語、本当の恐怖。」夜に1人で見るのだけは、やめたほうがいいですよ。

シーズン1

The following is a true story. ~この話は実話である~

#1 白い服の女性/The Woman in White

白い服を着た女に呪われていると言うジェイソン。子供の頃は貧乏でモーテル暮らし。やっとの思いでアパートを見つけ家族で引っ越したまでは良かったが、クローゼットの扉が勝手に開いていたり、自分を呼ぶ声が聞こえたり・・親にも友達にも全く相手にされなかったが、怪奇現象はどんどんエスカレートしていく。

#1 感想

簡単に言うと、引っ越した先が事故物件で、そこに居た霊に気に入られちゃったということみたいです。(まあ正確には、霊に勘違いされたわけですが)

ジェイソン以外は皆、その部屋が事故物件だと知っていたらしいのですが、モーテルよりはマシだし、なおかつ事故物件なら家賃が安い、ということで両親は決めたのだと思います。

幽霊なんて気にもとめない人にとっては、単純に美味しい話ですからね。わわ私だだだって、とととびついちゃいまますよ。

ジェイソンが、その白い服の女性に取り憑かれたのが(確か)8歳の時で、今はもういい大人で娘もいるわけですが、最近また出たなんて言って、どんだけしつこいんでしょうか、その白い服の女性は。

この方が白い服の女性を演じているわけですが、何が怖いって、世界最大のデータベースサイトのIMDbですら、出演作品以外謎なことですよ。因みに、チェコの人みたいです。

#2 と畜場/The Slaughterhouse

アメリカ先住民の墓地跡に立っていた実家で、家族と暮らしていたテリリン。そこは隔絶された環境で、誰とも交わることなく生活していた。

何かに取り憑かれているようだった父は、町に出ては”迷子”の人に声をかけて家に招き入れ、そして最後は残虐に殺すことを繰り返していた。

#2 感想

父に殺された人たちはどうなったのか、きちんと供養されたのかどうかが気になるところですが、何も語られていませんでしたね。

視聴者から、「これは絶対作り話だ!」と1番言われたエピソードが、この#2でした。このような事件が起こった記録がどこにもない、というのが理由のようです。あるわけ無いじゃんそんな記録、だって作り話なんだから!

#3 暗闇に潜む悪/Demon in the Dark

エリンは、母と2人で祖母の家の地下室に住むことになった。そこはもともとエリンの叔父が使っていた部屋で、カルト宗教のポルターガイストを呼び出す研究にも使われていた。

しばらくすると、不可解な現象が頻繁に起こるようになる。

#3 感想

あの、テレビの砂嵐の映像で思い出すのが映画「ポルターガイスト」なわけですが、テレビが勝手についたり、ぬいぐるみが飛んでいったり、ドアノブがガチャガチャいったり・・実際あると思います?ないよね~うん、ないない。

#4 井戸の中の子供たち/Children of the Well

ハービー一家は、地下室に井戸のある家に引っ越した。しぱらくして、ハービーは異様な現象に見舞われるようになる。

母に相談したが、厳格なカトリック信者であるがゆえに、ハービーは何かに取り憑かれた”悪”だと見なされ、母からの愛情を受けられなくなってしまう。3人の子供の幽霊たちは、「母親のことは、任せて」と言うが。

#4 感想

3人の幽霊が母親を呪い殺した?そしてハービーには人を助ける能力が備わったようですね。姉の夫が自殺した納屋に、持参した心霊探知機でピーピー始めると、なんと自殺した夫の声が聞こえてきました。ウソウソ

死んだ人の声を聞かせるのが、人助けになるのかどうかは知りませんが、そういう能力があるのならば有効に使ってもらいたいものです。

#5 UFOとの接触/Alien Infection

子供の頃、リンジーは家族で辺鄙なところに住んでいた。ある時からUFOが頻繁に現れるようになる。ある日お腹に激痛が走り、救急搬送されたが治療中にフラッシュバックが起こる。

どうやら頻繁に宇宙人に連れ去られ、何かの実験台にされていたことが分かった。

#5 感想

宇宙人による地球人誘拐事件って割と有名な話で、何か異物を体の中に埋め込まれたり、中には宇宙人に妊娠させられたと言う女性もいました。

誘拐された人たちに共通するのは、その時のことを覚えていないということです。気づいたら体に変な傷があったとか、違う場所で目が覚めたとか。記憶を呼び起こすために退行催眠を受けたり、今回のようにフラッシュバックが起きたりして、何があったかが分かるそうです。

リンジーは、おとなになった今でも宇宙人に付きまとわれているようですが、流石に宇宙人相手だと為すすべがないのが、残念でなりません。

#6 盗まれた墓石/Stolen Gravestone

悪魔が取り憑いているというヘイデン。親への反抗心もあって、ちょっとイカれたトムと付き合っていたが、ある時トムがプレゼントだと言って「クラレンスの墓石」を持ってきた。

ヘイデンは墓石を返そうと、クラレンスのお墓を探したが見つからず、しばらく持っていることにした。どうやら、クラレンスに気に入られてしまったようだ。

#6 感想

この話が真実なら、クラレンスに取り憑かれてしまっても、それを良しとしているヘイデンはかなり危ないですよね。そのうち、クラレンスとヘイデンが二重人格よろしく、入れ代わり立ち代わり出てくることになるのではないでしょうか。

というか、二重人格の片一方の人格が、外から入ってくることなんて実際にあるのでしょうか。アルワケネ~ダロ!

最後に

ハロウィンの時期に合わせて配信が開始されたわけですが、これリアリティー番組なんですよね。オープニングにもちゃんと「 The following is a true story. 」って入ってますから。今頃後悔しても遅いぞ~。

アメリカでは、割と批判されているみたいで、探偵まがいが事実確認に走ったけれども、ほとんど裏が取れなかったそうです。まあ、語っている本人の話も、構成が上手いなぁとは思いましたけど。

話の信憑性は置いといて、再現ドラマのクオリティは割と高かったと思います、役者さんも真に迫っていたし。下手なホラー映画よりよっぽど出来てます。しばらくは夜眠る時に、怖いシーンを思い出しそうです。