NETFLIX『Mank』『バイオハザード』制作状況


『Mank』

デヴィッド・フィンチャーが監督を務める、『市民ケーン』の脚本家ハーマン・J・マンキウィッツの伝記映画です。

本作はフィンチャー監督が長年温めてきた作品で、過去に新聞社で働いていたフィンチャー監督の父親、ジャック・フィンチャーが執筆した脚本をもとに映画化する予定。新聞社で働いていたマンキウィッツが脚本家となり、オーソン・ウェルズとタッグを組んで『市民ケーン』を描いた経緯や、彼がハリウッドの黄金時代に大きな影響を与えた姿を捉える作品になるようだ。

https://www.cinematoday.jp/news/N0111781

制作状況

全ての撮影が完了しました。

編集作業等に数か月かかるので、配信日予想としては、早ければ今年の夏、少なくとも年内には配信されるというのが大方の見方です。

キャスト

ハーマン・J・マンキウィッツ/ゲイリー・オールドマン
オーソン・ウェルズ/トム・バーク
リタ・アレクサンダー/リリー・コリンズ
マリオン・デイビス/アマンダ・サイフリッド
サラ・マンキウィッツ/タペンス・ミドルトン
イブ/リーヴェン・ランビン
ジョセフ・マンキウィッツ/トム・ペルフリー
アーヴィング・タルバーグ/フェルディナンド・キングスリー


『バイオハザード』

ミラ・ジョヴォヴィッチが主演した映画『バイオハザード』の実写版ドラマです。

今回のドラマ版では、これまでシリーズを手掛けてきた制作会社コンスタンティン・フィルムがNetflixと手を組む。企画はまだ初期段階だが、映画シリーズの前提はそのままに、人々を狂暴なアンデッドに変えるT-ウイルスを生み出した巨大企業アンブレラのダークな内部に迫り、T-ウイルス発生後の新世界秩序に迫る内容になる予定だ

https://www.cinematoday.jp/news/N0106409

制作状況

ながらく音沙汰がなかったこのドラマシリーズですが、いよいよ動き出すようです。

2020年4月からプリプロダクションがスタートし、6月から10月にかけて8エピソードの撮影を行うようです。
制作会社は映画版と同じですが、製作チームは映画版とは別のようです。
配信日予想は2021年中。

キャスト

未発表です。