2020年8月のNETFLIX人気作品ランキング(映画編)


ネットフリックスの日々のランキングデータの集計結果を基に、2020年8月は世界的にどんな映画作品が人気だったのか見てみます。

10位 『シングル・フレンズ~そんな恋愛やめちゃえば?~』


NETFLIX

運命だと思った恋が終わり、シングルに戻った”ソーシャルメディアの女王”。親友の助言を受けて恋愛を楽しもうとするけど、元彼のことが頭から離れなくて…。NETFLIX

南アフリカで制作されたネットフリックスのオリジナル作品です。原題は『Seriously Single』、配信開始は2020年7月31日。実はネットフリックスはアフリカンコンテンツに力を入れているようで、その成果が反映された形になりました。

南アフリカ発のセクシーで陽気なラブコメ映画「シングル・フレンズ 〜そんな恋愛やめちゃえば?〜」がNetflixグローバルオリジナル作品として配信予定

9位 『タイム・トラップ』

ベンフォスターとマークデニスが監督する2017年のSFアクションアドベンチャー映画です。ブライアンハウェイ、キャシディギフォード、オリビアドラギセビッチ、レイリーマクレンドン、アンドリューウィルソンが出演し、行方不明の教授を探しているテキサスの遠隔地にいる学生のグループの物語を物語っています。wikipedia

2017年公開のSF映画です。原題は『Time Trap』。日本のネットフリックスでは配信していません。見たい人はアマゾンでレンタルしましょう。

8位 『マリブ・レスキューチーム:ネクストウェーブ』


NETFLIX

夏の始まりとともにビーチに戻ってきたヒラメチーム。マリブで開催される国際ビーチマスター大会の手伝いをするはずが、米国代表として参戦することになり…?!NETFLIX

2020年8月4日に配信が開始されたネットフリックスのオリジナル作品です。実は、この作品で「マリブ・レスキュー」シリーズ3作目になります。知ってましたか?

7位 『わがままなヴァカンス』

イージーガールは、ザヒアデハル、ミナファリド、ブノワマジメル、ヌーノロペスが主演するレベッカズロトウスキー監督の2019年フランスコメディ映画です。フレンチリビエラの夏を舞台にしたこの映画は、心配する親友からの警告にも関わらず、いとこの自由奔放なライフスタイルに引き込まれた16歳の少年を追っています。wikipedia

この作品も、日本のネットフリックスでは配信していません。が、アマゾンでレンタルできるようです。

6位 『ワンダー 君は太陽』


Lions Gate Entertainment Inc.

『ワンダー 君は太陽』は、2017年のアメリカ合衆国のドラマ映画。監督はスティーブン・チョボスキー、主演はジュリア・ロバーツが務めた。本作はR・J・パラシオが2012年に発表した小説『ワンダー』を原作としている。wikipedia

日本での劇場公開は2018年でした。みんな大好きジュリア・ロバーツの出演作品です。

[quads id=2]

5位 『スリープオーバー ~夜の大冒険~』


NETFLIX

世界を股にかける泥棒たちにパパとママがさらわれたらどうする? もちろん、スパイ道具を片手に知恵と勇気をふりしぼり、夜を徹して2人を助け出すしかない!NETFLIX

2020年8月21日に配信が開始された、ネットフリックスのオリジナル作品です。わずか10日間の集計期間にもかかわらず、月間5位にランクインです。

4位 『キスから始まるものがたり 2』


NETFLIX

大学選びに悩むエルは、ノアとの遠距離恋愛に戸惑いながら、親友リーとの友情の変化やイケメン転校生に気もそぞろ…。なんだか、高校最後の年は波乱の予感!NETFLIX

2020年7月24日に配信が開始された、ネットフリックスのオリジナル作品です。「キスから始まるものがたり」の2作目です。そして3作目は、すでに撮影済みで2021年に公開を予定しています。

3位 『Work It ~輝けわたし!~』


NETFLIX

頭はいいけど運動はイマイチな女子高生が、寄せ集めチームを結成し、ダンス大会での優勝を目指して猛特訓。すべては亡き父の母校へ進学するため!NETFLIX

2020年8月7日に配信が開始された、ネットフリックスのオリジナル作品です。この作品に超そっくりなネタの映画がネットフリックスのオリジナルであったはずですが、タイトルがどうしても思い出せません。

2位 『愛は、365の日々で』

恋人に対して情熱を感じられないキャリアウーマンを監禁したのは、危険な香りただようマフィアのボス。1年間という期限の中で自分を愛するよう強要されるが…。NETFLIX

2020年6月7日に配信が始まったポーランドの映画です。女性人権団体から叩かれてます。そらそうでしょうね、はい。それにしても、みんな見すぎ。

1位 『プロジェクト・パワー』


NETFLIX
元兵士、少女、そして警官。同じ目的のために手を組んだ3人は、超人的な能力が得られるという危険なクスリの撲滅を目指し、ニューオーリンズの街を駆け回る。NETFLIX

2020年8月14日に配信が開始された、ネットフリックスのオリジナル作品です。8月15日~24日まで、ナンバーワンの座に居座りました。その後、25日~31日までずっと2位でした。続編があるのかはまだ分かりません。ちなみにジェイミー・フォクスは、ネットフリックスでファミリードラマの撮影が控えています。

日本のみのランキングだとこんな感じ

1位『ヴェノム』
2位『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』
3位『プロジェクト・パワー』
4位『マイル22』
5位『嘘を愛する女』
6位『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』
7位『ジョーカー』
8位『パシフィック・リム:アップライジング』
9位 ***
10位『友罪』

[quads id=2]

では

これらのランキング結果を見て何が分かるかというと、やはりネットフリックスのオリジナル作品が強いということです。それは当然といえば当然で、ネットフリックスの会員になる最大の理由は、「ネットフリックスのオリジナル作品が見たいから。」ですからね。

そうですよね、日本のネトフリ会員の皆さん。日本のランキングにも表れているでしょ?

おっ?

オリジナルが一本しか入ってない・・。

ということは、日本人の好みはハリウッドメジャーと邦画なんですか。35位まで見ても、たった5本しかないですし。

ではここで、ネットフリックスジャパンの配信作品の比率をみてみます。

日本は、国内作品の比率が最も高い国の一つです。50パーセント近くが国内作品です。また日本は、ネットフリックスオリジナル作品(独占配信作品含む)が最も少ない国の一つです。約35パーセントしかありません。世界平均は60パーセントくらいです。

日本人が国内作品ばかり見るから、国内作品を増やしているのか、ネトフリ作品をあまり見ないから、ネトフリ作品(独占配信)を増やさないのか、理由はよくわかりませんが、そんな比率になってます。

ネットフリックスが究極的に目指しているのは、全ての作品が「NETFLIX Original」で「Only on NETFLIX」です。まあ、特にドラマ作品(不人気作除く)などは、ディズニーやらHBOやらCBS All Acsessやらピーコックやら、自社コンテンツは自社プラットフォームで、という流れがあるので他社作品の配信権を買うのも一苦労なわけですが。

またハリウッド映画などは、劇場公開が終了して、次はソフトになるなるわけですが、そこでVODでの配信ができてもたぶん権利は相当高額なはずなので、結局は「ネットでレンタル」になってしまいます。U-NEXTやアマゾン、最近ではフールーもですが、新作映画は配信するけどみーんな別料金ですからね。

そんな流れもあってネットフリックスは、自社の価値を高めるために、そして顧客に満足してもらうために、オスカーを取れるような作品を作ろうとしていますし、ハリウッドメジャーを超えるような娯楽作を作ろうとしています。「フレンズ」以上に人気になるシットコムを作ろうとしていますし、マイナー地域の作品も積極的に制作・配信しています。

私は、そういうオリジナル作品が見たいがために会員になっているので、見る作品といえばネットフリックスのオリジナルがほとんどなのですが、日本のランキングを見ると、ネットフリックスのオリジナルにはあまり興味がないようで、ならなんでネットフリックスの会員になっているのか聞いてみたくなります。
(というか、大きなお世話ですね、すみません。)

では次回、ドラマ編でまたお会いしましょう。

本ページの情報は2020年9月2日時点のものです。最新の配信状況は各配信サービスにてご確認ください。
ランキング等のデータは、FlixPatrolより。